技術

PS3/PS4のコントローラをPCに(たぶん確実に)BlueToothで接続する

結論3行

  1. BT-Micro4 をPCのUSB端子にぶっ刺す
  2. kuronekohouceさんの手順どおり にScpToolkitをインストールする
  3. 快適なBT+Dualshockライフを!

OneStepFromEdenはいいぞ

chatagiriです。

最近、Steamゲーの"One Step From Eden"を買いました。
ローグライクで、バトルシステムはロックマンエグゼを更にスピード感増した感じで大変面白いのです。

ゲームパッドが欲しくなる

ただし スピード感のキーワード通り、キャラ操作のキー入力もバカスカとやらないといけないわけで。
このゲームをキーボードでプレイするのは限界だと感じ、ゲームパッドの導入検討をしました。

持ち合わせのゲームパッドを確認すると、そこにはPS3コントローラが1台。
モデル的には有線/無線対応、操作性は折り紙付きと志向のゲームパッド感があります。

PCにもBlueToothで接続可能なはずなのですが。
以前マザボBuiltInのBlueToothレシーバで試した結果、認識はするものの入力を受け付けなかったり、接続がブリブリ切れたりでケツの穴もキレそうなっていました。

結局その当時はSIXAXISDRIVERを入れて、有線接続で対応をしましたが、今回繋ぎ直すいい機会が降ってきたので無線で繋ぎたいところ。
せっかくなので色々調べて、この前繋げなかった原因まで探る。

PS3コン、PS4コンの青歯の仕様を教エロ

PS3コン(DUALSHOCK3)のBluetoothはversion2.0+EDRらしい(PS3 Developers Wiki)

With the PS3 console using up one master slot, it leaves seven empty slots for connecting with Bluetooth devices (like Sixaxis and Dualshock3 controllers). The Bluetooth is version 2.0 + EDR (Enhanced Data Rate),

https://www.psdevwiki.com/ps3/Bluetooth#Hardware

PS4コン(DUALSHOCK4)のBluetoothはversion2.1+EDRらしい(PS4 Developers Wiki)

wireless communications: Bluetooth Bluetooth: 2.1 +EDR

https://www.psdevwiki.com/ps4/DualShock_4#Specifications

じゃあ2020年のBlueTooth情勢は何でどれ買えばいいの

PS3コン、PS4コンはBT2.[01]+EDRの一方で、2020年でのBluetooth最新バージョンは5.0。 メジャーなのは4.1。


Bluetoothには基本的に下方互換性があるが、実は使用するBluetoothアダプタによって下方互換性があったりなかったり、中途半端に対応していたりする。

例えば下記アダプタ。激安なのはいいがBT4.0しか対応していない。

エレコム Bluetooth USBアダプタ 超小型 Ver4.0 EDR/LE対応(省電力) Class2 Windows10対応 LBT-UAN05C2

このアダプタでPS3コンを繋げようとしても、プロトコル根底は一緒なので認識はするものの入力操作は拾えなくなるという認識(間違ってたらごめんなさい)。


ので、ちゃんと後方互換性あるアダプタを買うのが良いと思われる。今回は、下記アダプタをかいましたv

PLANEX Bluetooth USBアダプター Ver.4.0+EDR/LE(省エネ設計)対応 BT-Micro4

ちなみに、前述のマザボBuiltinのBTレシーバでうまく動かなかったのも上記が原因で良さそう。
このマザボ、BT4.2/3.0にしか対応していないのである。かなCマイナー

じゃあ繋げましょう

  1. BT-Micro4 をPCのUSB端子にぶっ刺す
  2. kuronekohouceさんの手順どおり にScpToolkitをインストールする
  3. 快適なBT+Dualshockライフを!

まとめ

マウスもキーボードも有線派ですが、置き場所に困るゲームパッドは完全に無線派。


元がPS3コンなので遅延も無く操作性も抜群、ベッドに寝ながらSteamゲーができるとあって最高に最高してます。
皆さんも変な無線ゲームパッド買う前に、PSコンの導入を検討してみてはいかがでしょうcat

-技術

© 2022 diary.log