旅行

眼に優しい旅 諏訪湖編 ~1日目~

chatagiriiiです。
陽気もチラリと顔を覗かせ、春の雰囲気がじんわりと感じられる様になった3月のこの頃。
デスクトップの壁紙の自然を眺め続ける一社会人の私も心くすぐられ、ふと思い立って諏訪湖に行ってきました。

目的と言うほど大層なものではないですが、諏訪でやりたいことを3つ挙げてから旅路につくことに。

  • 立石公園から夕暮れの諏訪湖を見てソロ君の名はごっこ。
  • (本物の)温泉付きビジネスホテルでたくさん食べてたくさん温泉に入る。
  • 諏訪大社の本宮の鏡で己を見つめ直す。

君の名はの聖地だったり、ミシャグジさまが居たりと案外見どころの多い諏訪。
では、時系列に沿ってザクザク見ていきましょう。

高速バスは他車と相対的に見て高速なバス

3月6日の金曜日。
有給を使っての旅なので、ゆったり朝10時に起きてやりました。
この時点で軽く優勝してしまいました。あぁ~~~っ

ゆっくり起きたは良いものの、実は高速バスに間に合う時間ギリギリになっていることに気づいた私。
昼飯をチェーンの某牛丼屋で急ぎ掻き込み。スーツで駆け回る社畜の皆様(誉め言葉)を尻目に新宿発諏訪行きの高速バスに乗車しました。
平日の昼間ともあり、バスはガラガラで大変快適でした:)

バス途中休憩の双葉PAに"展望台"って名前の展望台があったので展望してみました。
安直なネーミングセンス好きです。

「展望台」って名前の展望台からの景色
意外と高い

バスに揺られ2時間程。
降車も近付き景色を眺めていると、巷で噂の山田養蜂所さんを見かけました。かわいいね。

どこか懐かしい響きの山田養蜂場

諏訪湖でかいです

バス降りて諏訪湖にきました!!!!!ひろーーーーーーーーい!

諏訪湖!!!

風が強いね!すごーーーーーい!!

オシャレスポット
ほぼ海

君の名はごっこ

荷物をビジホに置いて、坂道を悠久の時歩くこと数年。
諏訪湖を見渡せる、絶景で有名な立石公園にきました。
諏訪のガイドブックには「トレッキング感覚で登ってみてね!v(°v°)」と書いてあったので気軽に登るつもりだったのですが、
しんどすぎて途中何回も休憩しちゃいました。 若さが、欲しい。

達筆

立石公園に到着したのが16時頃でした。
夕暮れが絶景として有名な立石公園ですが、この日の日の入りは17:47分頃。
待ち時間暇なので、公園にある遊具で遊んでいました。カリっぽい遊具がエッティです。

男根のメタファー
ショベルの遊具。意外と本格的。

そうこうしていると日が沈み。
この日は快睛だったのも相まって、滅茶苦茶に綺麗な景色を見られました。
写真では伝わりきらないので、絶対行ってみた方が良いですよ。

日入り直前。諏訪湖は大きい。
飛行機雲が君の名はを彷彿させる
エモすぎてエルモになった

ホッケ好きッス

寒くなってきたので、立石公園からの帰り道は景色を見つつも急ぎ足で下山。
近所のスーパーで晩酌用のおつまみとお酒を買い込みました。あとでのせます。

ビジネスホテル帰宅?後、即温泉に浸かりました。
身体も温まったところで、地元の居酒屋さんを発見。ホッケを食べました。ホフホフ。

ホッケです

ホッケといえば、その余りあるコスパから大学生の飲み会のお供でありまして。
みんなして突っ突くために直ぐ無くなりがちなホッケですが、たまには一人でチビチビ食べてみてはどうでしょう。
細く長く噛み締められる小さな幸せが、そこにはあります。

デブです

ホッケ食べてホケーッ としたので、ホテルに戻って晩酌開始です。
先程言ってたスーパーのお惣菜おつまみがコチラ。滅茶滅茶安くありません?

激安なのにウマい。長野に住みたい

晩酌したあと、腹ごなしにまた温泉入りました。
温泉入ったらお腹すいたので(ここ赤ちゃん)、3回線の開幕です。

3次会のお供は生ハム

正直、食べ過ぎました。 くるしかったです。
ビジネスホテルのいいところは、散々食べてそのまま寝ても罪悪感が薄い所ですね。
歯磨いてこの日は寝ました。おやすみなさい。、

次回は2日目を書きますので、よろしくおねがいしますね

-旅行

© 2022 diary.log